前へ
次へ

鍼灸治療に通っていました

わたしは、高校生の時に、顔面の片面の神経がマヒし、思ったように動かなくなりました。脳外科に通い、電気

more

鍼灸治療院ですっきりする

肩が凝っていたり、腰が凝っていたりすれば、きちんとした治療を行わないとのちのち大変なことになるでしょ

more

鍼灸治療を受けてみて

先日、鍼灸治療を人生で初めて施術していただきました。結論から言うと、凄く効果を感じられ満足のいく結果

more

鍼灸治療を行うために開業するための資金

はり師やきゅう師の国家資格を取っている鍼灸師には、鍼灸治療をするための開業権が公認されています。そういう理由から必要な条件が整備されれば開業することが可能だと言えますが、開業するケースでは定まった規定を充足させた上で届出を実施することが求められます。 規定としましては、1つの例として鍼灸院の店の建物の設備基準として、特化した施術室の面積そのものが6.6平方メートル以上、さらに待合室面積が3.3平方メートル以上などのような規則が存在します。こうした複数の基準がクリアされていなければ、鍼灸治療をするための開業はできません。さらに、開業日から10日目までに、店が位置している所在地の知事へ届出をすることが求められます。届出は、氏名、店舗の住所などの項目を記すことになります。この他にも設備概要や平面図などといった重要な情報も含めて届出することが求められるため、先だってわかっておくことが大事でしょう。 開業コストとは 物件を借り受けてゼロから開業するケースで、開業のため求められるコストはおおむね300万から500万円ほどです。 立地の条件が良くない物件のケースや、不動産業者と首尾よく取り交わしをすることができた場合には必要となる費用が安くなるかもしれませんが、オーソドックスなコストの相場としては以上のような額になります。 配慮しなければいけないのが、スタートの年にかかる費用といえます。開業の状態で前評判などがない場合、オープンしてすぐにまともに生活していけるほどの収入額を確保することは相当困難でしょう。その影響を受けて、管理運営資金の予備分も兼ね一定期間日々を過ごして行くための資金は手にしておいた方が良いでしょう。国家資格に開業権が承認されており、規定がクリアーして届出を実施することで開業できます。 開業する際や一年目にはとても大きなコストがかかりますが、鍼灸師の1つのドリームとして開業を目標にする人は少なくありません。

かみ合わせまで考慮に入れた治療を
川崎のオリーブ矯正歯科は専門歯科医院として、口内全体を考慮した歯並び治療をご提供しています

お安い値段で治療を受けられる神奈川県川崎市の矯正歯科治療

リーズデンタルクリニック
生活歯髄療法の専門医が在籍する東京中央区日本橋の根管治療歯医者です

足立区綾瀬で歯医者を探している方へ
患者の歯の健康を第一に考えて歯科治療を行う新井歯科医院。

Page Top